人材育成と研修のベリタス・コンサルティング

人材育成・研修により、
人材開発・組織変革をサポートします

お問い合わせはこちらからどうぞ
 
事業コンセプト事業概要採用情報よくあるご質問お問い合わせ企業情報
事業コンセプト
セミナー公開コースのご案内 WEB2.0ソリューション サーベイソリューション

日本企業を取り巻く環境変化

人材マーケットの変化

人材革命

日本経済の発展を支えたマネジメント

 戦後長らくの日本社会では、人々が製品やサービスを求めていた「不足経済」であった背景も手伝い、ビジネスの追随展開や大量生産大量販売が通用した時代であり、この間、日本経済は急激な成長を遂げました。高度経済成長を支えたのは国内の勤勉かつ均質な”人材”であり、一律のマネジメントポリシーに基づいた企業運営で、企業は社員をコントロールすることができたと言えるでしょう。
 バブル経済が崩壊した後も、リストラや成果主義人事の導入といった変化はありつつも、多くの企業における人材マネジメントの基本的な発想に大きな変化は生じませんでした。

人材マーケットの変化と労働市場の流動化

 現在、その一律のマネジメントのあり方が根底から崩れようとしています。少子高齢化が進み子供の数が減ったこと、教育のあり方が劇的に変化して価値観が多様化し競争を是としない考え方が広まったこと等により、若年層の勤労意識は大幅に変化しています。こうしたことが、ただでさえ難しかった能力開発や意欲・モラル啓発をさらに難しくしています。今までの一律なマネジメントが通用しなくなったのです。
 また多様な雇用形態の普及等により、従業員の会社に対する所属意識・忠誠心も低下の一途をたどっています。企業側は、このような人材マーケットの劇的な変化に対して、大変困難な舵取りを求められていると言う事ができるでしょう。

人材育成の重要性

 人材・労働力マーケットは、近い将来急激な劣化が予想されます。単なる量のみの採用であればともかく、高質な人材は昨今の環境下でも獲得は容易ではありません。企業は、優秀な人材(次世代を担う人)をどのように確保し、育成していくべきなのでしょうか。ひいては、いかにして人材を活用し、業績をあげていくべきなのでしょうか。
  私たちは、その答えは「業務の仕組み化」と「徹底した人材育成」にあると考えています。これまでのような一律の人材育成、目的を定めない曖昧な「集合研修」といったものではなく、明確な意図と目的を設定し、育成度合いを測定し本人に伝えていくという「真剣な人材育成」こそが、これからの企業の成長を支えると確信しています。
 そして、この「真剣な人材育成」こそが、「人材革命」とでも言うべき、日本企業の労働生産性の飛躍的向上をもたらすと信じているのです。

ベリタス・コンサルティングお問い合わせ先